脂肪肝の症状


スポンサードリンク


脂肪肝の症状を改善しよう!

脂肪肝の症状はなかなか分かりづらいものです。

 

一般的に脂肪肝とは、「肝細胞の中に中性脂肪が蓄積された状態」のことを言います。

 

吸収された栄養分などから中性脂肪をつくる重要な働きを託されています。

 

中性脂肪は人間が生きるために必要なエネルギーで、肝臓はその一部を肝細胞の中に蓄えています。

 

さまざまな原因によって肝細胞内で使いきれい脂肪が蓄積されることで脂肪肝になります。

 

病理学的には「顕微鏡による標本観察において100個の 肝細胞中に約30%以上の脂肪空胞が認められる場合」といわれています。

 

う〜ん、少し難しいですね・・・(笑

 

脂肪肝は一般的に若い方にも多い症状です。

 

すぐに生命にかかわるような重大な病気ではないので安心してください。

 

しかしアルコールが原因の人は、慢性肝炎から肝硬変症まで進行するケースもあります。

 

脂肪肝が起こる状態は糖尿病・高脂血症・高血圧などの生活習慣病をもたらす危険な状態に近づいています。

 

 

 

 

 

 

 

初期に自覚症状・痛みはほとんどなく、健康診断の血液検査や超音波検査で発見される場合が多いです。

 

症状が進行してしまうと、食欲不振や、お腹の膨満感、右上腹部に痛みなどの一般的な肝臓病の症状が出ます。

 

もっと進行してしまうと全身の倦怠感や黄疸、胸焼け、上腹部の痛みなどの症状が強まってきます。

 

 

 

 

 

 

 

<脂肪肝の予防>

 

1)標準体重を保ち、肥満を予防する

 

2)脂肪をとりすぎない

 

3)糖質をとりすぎない

 

4)蛋白質をとる(魚、卵、大豆製品など)

 

5)禁酒、または酒の量を減らす

 

6)ビタミン、ミネラルを十分にとる

 

7)適度な運動を続ける

 

 

 

 

脂肪肝の症状は、体の倦怠感や疲労感が挙げられます。

 

肝臓の細胞が、脂肪でパンパンに膨張し、血行が悪くなることもあります。

 

その結果、肝臓の機能が下がっていくのです。

 

脂肪肝の症状はゆっくりと進んでいきます。

 

 

 

 

 

 

 

 


スポンサードリンク